Discover Story Ideas Details Back to Story Ideas

家族で楽しむカリフォルニア

家族で楽しむカリフォルニア

もちろん大人たちは確実に楽しめるワインのテイスティングやヨガリトリートの場としての、この太陽に恵まれた土地、カリフォルニアを良く知っているかもしれません。しかし、恐竜、鉄道、かわいらしい動物、スーパーヒーロー、おとぎ話のプリンセスにあこがれる子供たちには、間違いなくキディフォルニア。サンタクロースの次に子どもの願いを叶えてくれる最高の場所です。

おそらく家族旅行にぴったりなのはカリフォルニアの自然が作る驚きの数々です。ビーチ、森、砂漠、そして山々が州一帯を巨大な遊び場に変えてくれます。息をのむようなヨセミテ国立公園とレッドウッド国立州立公園(どちらも世界遺産に登録されています)の雄大さから、南カリフォルニアの伝説的なビーチまで、カリフォルニアのアウトドア・アトラクションは、年齢や能力は問わず誰もが楽しめます。ホエールウォッチングで沖までクルーズ、潮溜まりで探検、またカヤックやカヌー遊びなど、自然の環境で野生動物に触れ、子供心にインスピレーションを与えてくれること間違いありません。

おじいさん、おばあさんと、また親戚家族も一緒に行く世代を越えた旅行はこれまで以上に人気を増し、カリフォルニアほど望ましく、昔ながらのドライブ旅行に適した場所はこの地球上にありません。注目のコースは、海岸沿いのハイウェイ1号線。レッドウッドの中を通り抜けるアベニュー・オブ・ザ・ジャイアンツ、そしてラッセン火山国立公園を周ってオレゴン州との州境まで北へと目指すヴォルカニック・レガシー・シーニック・ハイウェイを通ります。ゴールドカウンティのハイウェイ49号線沿いには、ちびっ子採掘者が本物の砂金を抽出し、ジップラインも体験できます。あるいは、当時の栄えた町並みを保存しているコロンビア州立歴史公園でタイムスリップして、子ども達は西部スタイルの空想の世界でやんちゃに楽しめます。

子供たちがどんな休日を計画していようと、キディフォルニアには家族旅行にぴったりの行き先やアトラクションがほぼ無限にあります。ザガット・ファミリートラベルガイドによる家族のバケーションで訪れたい大人気アトラクションのアンケートから少し例を挙げると、動物園、水族館、博物館、そしてテーマパークが入っています。

動物園や水族館であれば、世界トップレベルのサンディエゴ動物園、モントレーベイ水族館、ロングビーチのアクアリウム・オブ・ザ・パシフィックはいかがですか?または巨大な園内で野生動物が自由に散策しているサンディエゴ動物園サファリパークやソノマ・ワインカントリーのサファリ・ウェストもあります。

博物館が候補に上がっているならば、キディフォルニアには好奇心溢れる心を掴むこと間違いなしのラインナップが揃っています。サンディエゴのフリート・サイエンス・センター、サンフランシスコのエクスプロラトリアム、レディングのタートル・ベイ・エクスプロレーション・パーク、サンタバーバラの新しい博物館、MOXI ザ・ウルフ・ミュージアム・オブ・エクスプロレーション + イノベーションといった実際に触れて体験するインタラクティブ型博物館もあります。ロサンゼルス自然史博物館では子供たちが新進の古生物学者として展示の恐竜発掘作業を楽しめ、またロサンゼルスのラ・ブレア・ター

ルピットでは泥に埋まった先史時代の生物を発掘します。また年齢を問わず、鉄道愛好家にはサクラメントのカリフォルニア州立鉄道博物館は見逃せません。

またアミューズメントパーク、テーマパークならば、最も有名な、1955年、アナハイムにオープンしたディズニーランドがあります。またカールスバッドのレゴランド・カリフォルニア、オレンジカウンティのナッツベリーファーム、ユニバーサルスタジオ・ハリウッド、バレンシアのシックスフラッグス・マジックマウンテン、ヴァレーホのシックスフラッグス・ディスカバリーキングダム、サンタクララのカリフォルニアズ・グレート・アメリカもあります。リストを締めくくるには、サンディエゴ、サンタモニカ、サンタクルーズの各地にある年代物の乗り物が並ぶ昔ながらの海岸沿いのボードウォークのアミューズメントパークもいいでしょう。

キディフォルニアにはこれほどまでにたくさんの中から選べる素晴らしい家族向けアトラクションや体験の場が揃っており、「まだ着かないの?」と聞いてしまうのは大人の方かもしれません。

TAGS:  

関連性のあるコンテンツ